« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

なわけでして

手相って内臓状態の皮膚反射!?


とか聞きまして


慌てて、食生活を改善しなきゃ!と思う今日この頃。俺、生命線短いな〜みたいな。。え?生命線はそんなに変わらない?…う〜む。。


木星人は大殺界を抜けたの?


どーーーでもいい話なんですけどね。


つまりボクはB型なわけでして。

圧倒的に友人はO型が多いです。良い意味で気をつかわないんだなー。B型もそうかも。


付き合った女性はA型が多いな、何故だ?


なんか朝から変なテンションなんです。


どーーーでもいい話なんですけどね。


つまり今週はライブなわけでして(笑)


2/3(金)ゆらたまソロライブ

ライブバー恵比寿yaya

東京都渋谷区恵比寿1-12-7三恵31ビル3階03-3473-3113

20時スタート予定
チャージ1500円ワンドリンク付


7時半からお店は入れます〜


ヨロシクです^^

| | トラックバック (0)

僕らの内にあるもの〜国境を越えろ

「ヒューマン」というNHKの番組を見ました。非常に面白い番組で1集、2集と見ました。


チンパンジーから人間へ。


何故、我々ホモ・サピエンスが生き残れたのか?そしてどのように拡散していったのか?


というのが昨日までの内容でした。


まあ全部書くと長いので、というか書けないので、僕が1番印象に残った話を挙げることにします。


まずチンパンジーと人間の内にある、似て非なるもの

それは、お互いが「協力できる」ということ。

チンパンジーは相手の要求に応える際、目に見えて相手の身振り手振りが分かるという条件であれば、求められている対象物を貸してあげることが出来るそうですが、人間は身振り手振りがなくても、「貸す」こと、「協力」することが出来る。気持ちを読むことができるのです。


ではなぜ「協力」出来るのか。

答は人間の「骨盤 」にあるのだそうです


人間がより便利に暮らす為に選んだ「二足歩行」という選択肢。それにはこの骨格が狭くなる、という条件を飲まざるを得なかったというのです。

この部分が狭くなるということは、「産道」が極端に狭くなるということ。

子孫を遺すことに於いて、要するに独りでは子供を産めないということなのです。

我々は他者の協力なくして、子孫を増やすことが出来なかった。

というわけです。


そう、僕らは生まれながらにしてお互い「協力する」ということを知っているのです。


ちなみにチンパンジーは「あらよ」って感じで、独りで勝手にスポスポ産みます。全く手がかかりません(笑)


二つ目は、我々の脳には他者の痛みを可哀相と思う部分と、それを快感と思う部分があるということ、でした。

イギリスのある実験によると、目の前に一組のカップルが映し出されて、女性が男性の頬を思いっきり叩く映像を見せられたとき、被験者は不快な思いをする部分の脳が活発に反応する。

しかし、その実験をする前に被験者に一言、「この男性は女性に酷いことをしたんです。よってこれから起こることは男性への罰なんです」と伝えるだけで、被験者の脳の中では、上で感じた部分は反応せず、逆に快感を覚える脳の部分が反応するというのだ。

それは何故かというと、人間は種を絶やさぬ為に、ルールを作りそれを守る必要があった。ルールを守れぬ者のせいで、きっとそのグループが壊滅する、ということもあっただろう。

そのため「ルールに従う」ということが必須であった。

皮肉にも、これが上で述べた「快感」と繋がるというわけだ。そういう脳のシステムを覚醒させてしまった、とも言えるだろうか。

「人間は理由さえがあれば痛みを快感に変えられる」

ということ。


と、、、

ここまでが印象に残った二つの話だが、僕は何かを感じずにはいられなかった。


グレートジャーニーによって世界中に拡散したホモ・サピエンス。


絶滅の危機さえも、協力することで乗り越え、子孫を増やしてきたはずの我々が、、、


何故、今も争いが絶えぬのか?

理由があるから戦争を正義と思うのでしょうか?

そんな理由があるのだったら、

その理由そのものをすり替えればいい。


そんな理由を、無くせばいい。

そんな理由を、無くせないのなら

「俺達は家族だ」


と誰かが言ってやりゃいいのに。。。


なんて思ってしまった。


国境を越えられるのは、そんな一言なのかもしれない。


| | トラックバック (0)

さてさて

来週、というか今週。


2/3(金)ゆらたまソロライブ


ライブバー恵比寿yaya


東京都渋谷区恵比寿1-12-7三恵31ビル3階03-3473-3113


20時スタート予定
チャージ1500円ワンドリンク付

いやあ、最近寒さも一段階レベルアップしましたね、寒いのは苦手です。いつまでこの寒さ続くのか。


これからリハーサルいってきます。

久しぶりの曲もあるのでしっかりチェックしときました。


都内にお勤めの方々、仕事帰りの金曜日の夜、軽く一杯って感じで立ち寄ってみて下さい。チャージも込みで1500円と安くしてありますので^^


ヨロシクです〜


ではまた。

| | トラックバック (0)

外を出たら、あたり一面雪景色!暗い空から淀みなく落ちてくる大きめの雪達の、なんと美しいことでしょうか。


でもこりゃ明日、関東の交通網は大混乱だな、超憂鬱、、とか瞬時に思ったり。。

そんな今年初の箱ライブの天候。個人的には気持ちよくやれた。


なんとか放置ソロプレイは無かった、よかった^^


タイバンのN朗さんはエキセントリックでロックでした。新技(らしい)「N朗弾き」も披露してくれて、驚きの連続でした、楽曲含め。


ラスト前から、「サポートのクラ君を貸してくれ!!」


と頼まれ、快く送り出す(笑)それなりに弾いてるからすごい(笑)


ほんわかとしたライブでした。N朗さんはエンターテイナーですね。

〜セットリスト〜

EarlyBlue
長い電話
はなれない
いつかの恋のうた
星降る夜に
伝言

次回は恵比寿yayaにて、ゆらたまソロライブです。ヨロシクお願いします〜


ようやく腹痛からの風邪が治り、、、ん?なんか今度はまた嫌な予感が……。き、気のせいかな汗


ではまた〜^^

| | トラックバック (0)

病み上がり

久しぶりの日記です。


今週は月曜あたりに調子を崩し、熱が出るも水曜にはケロッと治ってしまい、あれ、おかしいなあ、と思っていたら木曜の夜中から腹痛になり、昨夜は高熱と悪寒に苦しみました。が、今朝なんとか地獄から生還しました。

無理をおして昨日リハをしたのも良くなかったかな。

今日の仕事は、都内で打ち合わせ一本だけなので早く帰って安静にしようかと思います。

今週はスポーツニュースばっかり見てました。今場所は大相撲に動きがありましたね。

大関陣は白鵬時代に待ったをかけるのでしょうか。


メジャーへ挑戦のダルビッシュ選手や青木選手も活躍できるといいなあ。

あ、そうだ昨夜うなされながらサッカーしている夢みたなあ


やっぱりサッカーは楽しい。

まだキレている頃の自分だった(笑)キレてる頃とキレてない頃、もはやキレてない年月のが人生で大部分を占めてしまい、うっかりすると、

「ええ、根っからの素人です」と言ってしまいそう。


まあたいして変わらないけど(笑)


というわけでライブも近いっす

来週のアビーは、もしやの放置ソロプレイ?の予感がムンムンに漂っていますので、よろしく頼んます。ただ、日中晴れで夜だけ雪みたいなんですよ…(笑)

1月23日(月)
越谷アビーロード

¥1500ドリンク別
デュオで出演、20時過ぎくらいスタートかと思います。


2月3日(金)
恵比寿yaya

詳細未定
ゆらたまソロライブ予定


ではまた^^

| | トラックバック (0)

うたい始め

明けましておめでとうございます。遅っ(汗)

廻りのミュージシャン達とは少し違う、ボクの歌始めは明日の披露宴からです(苦笑)

一昨年かなぁ確か?披露宴に月一近くのペースで招待され続け、一年で7〜8回くらい歌ったのって(笑)

去年は一度も歌うことが無かったのでかなり久しぶりです。

ライブとはまた違って癖になる楽しさがあるんだよなぁアレ(笑)


披露宴ってオーディエンスが大勢だからね。あのドキドキ感がたまならない。沈黙とかハンパないし。


さりげなく宣伝してみたり(…いや嘘ですがW)

今回は結構練習したし、持ち歌にしたいくらいの玄人好みな良い曲が出来たと思うので、明日の皆さんの反応が楽しみです個人的に。

いつか、ゆらたまファンの方々の前とかでも聴かせたいね^^

とりあえず歌詞だけでも。

【手紙】

ありがとう ありがとう キミよありがとう

淋しい冬も
痛かった夏も
いつもいてくれた

もっともっともっと
遊びたいんだ

怒ってくれてありがとう


淋しくないよ心配ないよ
NONO…

そのうちまた
いつもの店で
飯でも食おうぜ

オレら好きだったRock'n'-rollBand
「終わらない歌」

憶ているよ
わすれないよ


だけどさ大丈夫だから
オレもう独りじゃないから

とりあえずゆくよ
とりあえずゆくよ


ありがとう ありがとうアナタありがとう

小さなテーブル
ささやかな食卓
目を閉じればいつもの風景

もっともっともっと
笑えたらよかった
いつかはそうだね…


明日はこいつで新郎をKOしたいと思います!


ではまた^^

あ、ライブハウスでの初歌いは23の越谷です、そちらもヨロシク〜^^

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »